恥の上塗り

今まで行った事も無いし、今後も行く事は無いでしょうが、ムカついた話。
何というか・・・・法的には問題無いようですが、高級料亭のやる事では無いですね。
韓国のように家畜向けの飼料としてリサイクルするとか、方法はあると思うんだけどな。
そうするとでんぷんで作られた生分解性つまよう枝も導入しないといけないか・・・。
もし営業再開後もこの使い回しをしていて、さらに上層部も容認や推奨をしていたとしたら、船場吉兆は客商売をする資格は無いですね。
今後の女将の対応が気になるところ。

食べ残し別の客に 刺し身やアユの塩焼き 船場吉兆(産経新聞) – Yahoo!ニュース

 牛肉の産地を偽装表示していた高級料亭「船場吉兆」(大阪市中央区)が、本店の料亭部門で客が残した刺し身やアユの塩焼きなどの料理をいったん回収し、別の客に提供していたことが2日、関係者の証言でわかった。料亭経営を取り仕切っていた当時の湯木正徳前社長(74)の指示で昨年11月の営業休止前まで常態化していたとみられる。一連の不正表示とともに、老舗の高級料亭としてのモラルが改めて問われそうだ。大阪府警も従業員らの事情聴取で、こうした証言を把握している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。