重力発電

発明の内容も素晴らしいのですが、この試作機(?)のデザインも結構良いですね。
電灯以外にも流用できれば、新しい家庭内発電が出来ますね。
記事全文は<掲載サイト>で見てください。
電灯画像

バージニア工科大学の学生、
画期的な「重力電灯」を発明 – Technobahn

バージニア工科大学の学生、画期的な「重力電灯」を発明
【Technobahn 2008/2/21 02:55】バージニア工科大学の学生、クレイ・ムールトン(Clay Moulton)
さんが地球の重力を利用して発電した電力で電灯を燈すという究極のエコエネルギーを利用したフロア・ランプを発明し、
ニューヨーク市で開催されたのグリーン・ガジェット・コンファレンスのコンテストで準優勝を取るという快挙を果たした。

 「グラビア(Gravia)」と名づけられたこの円柱状の形をしたフロア・ランプ。内部に重りとLED電球がセットされており、
この重りが重力の力で徐々に下がっていく力を使って発電し、その電力を使ってLED電灯を燈すというメカニズムが組み込まれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。